言葉の習慣、モノの習慣

こんにちは!でんきや@けいこです。

ずっと、必要だと思っていたモノが、必要じゃなかったと気づいたモノ。
それは、クイックルワイパー

 

クイックルワイパーから雑巾生活

大雑把な私。
掃除もクイックルワイパーだけのこともしばしばでした。特に、産後の抜け毛が酷いときなんかは大活躍。結婚して、4年ぐらい毎日使っていたんじゃないかな?

ところが、玄関からリビングまでパズルマットを敷き詰めることにしたのです。

パズルマットを敷いた理由は、
■おもちゃでフローリングが傷つかない
■ハイハイ、つかまり立ちの頃転んでも大丈夫
■冬は、ひやっと感がなく温かい

パズルマット、すごくいい!
でも、クイックルワイパーが使えなくなりました!!(泣)

仕方なく、掃除機を毎日かけて、時間のある時に雑巾がけをすることに。

 

 

パズルマット導入後、3年たった今

あれだけよかったパズルマット!
欠点が目立つように・・・

それは、息子(2歳)が頻繁に牛乳をこぼすこと。
洗えるとはいえ、60㎝角のパズルマットを外して拭くこの労力!

そして、その時の私の怒り口調が、娘(小1)に移っていたこと。「あぁ、私はこうゆう口調で子供たちを怒っているんだ…」と気づきました。

娘にとって「怒る」=「私の口調」と学習したようです。

うん・・・捨てていいんじゃないかな。
パズルマット・・・
新生児だった息子も、つかまり立ちどころか走り回っているし(笑)

 

習慣には、良いことも悪いこともある

3年近く、時折する雑巾がけが当たり前になっていたので、いざ使える!となった時には、「不必要なモノ」になっていました。自分でも気づかぬうちに、習慣は変わっていたようです。

クイックルワイパーは手放すことに。

口調の移りも、日々の積み重ね習慣

なら、娘の習慣はどう解決する?
私自身が「時間と気持ちの余裕」を持つことで、少しづつ改善できるんじゃないかなぁと思っています。
すごく大きな大きな課題ですが(笑)

 

やはり「清い」は理想

撤去週末に、主人にワックスを塗ってもらいました。最近では、クイックルワイパーで使えるワックスもあるようですが、我が家で使っているのはこちら。

 


やはり、ピカッとしているフローリングは気持ちがいいです。

このマンションに住んで、5年。
既にあちこち傷がついていますが、極力良い状態を保ちたいなぁと改めて思いました。

毎日の習慣、私が、子供に与える影響。
その辺りも踏まえて。

 

では、また。毎度おおきに~


 

Twitter で でんきや@けいこをフォローしよう!




ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ 大雑把なO型。大阪出身。 娘(小1)・息子(2014年生まれ)・夫 4人家族。 兵庫県神戸市でPanasonic専門店 街のでんきやを夫婦で営む。 「思考と空間の整理のプロ」ライフオーガナイザー®取得。