はじめて買ったCDは、米米CLUBの「浪漫飛行」のでんきや@けいこです、こんにちは。

 

「子供服は、あっという間だからねー!」

子を持つ母なら一度は耳にする言葉。

毎日見ていると成長していないように感じても、半年・一年のスパンで考えると子供はグイグイ育っています。

 

子供を通じて、モノに対する考えも私の中で少しづつ変わってきました。

 

サイズアウトした子供服どうしていますか?

現在小1の娘を出産したときは、お下がりをもらう機会もなく全て買い揃えました。

友人や商売(街のでんきやを営んでいます)のお客さまにも出産祝いとしてベビー服を頂くこともあり大変有り難かったです。

可愛い新生児服。

本当にあっという間なんですよね(笑)

とにかくサイズアウトした服がたまっていく一方・・・

当時は、毎日が慌ただしかった記憶(笑)

慣れない育児に、日々の家事。

すぐに二人目!という気持ちもなく「とりあえず残しておこう」と判断。

 

まだ見ぬ二人目に保管していたお下がりの行方

はじめは、空いていた引出しに入れていたサイズアウトの服。

徐々に入りきらなくなり、収納ボックスを購入。

 

下の子へのお下がり服として使用していたのは、2箱ほど。

同じ箱に使用しなくなったベビー用品・マタニティなども保管。

何が入っているか、サイズ・季節を書いたタグを付けていましたね。

乳幼児服は、数年たつと黄ばみが浮き出ると聞きますが、

我が家では特に問題はなかったです。

たまに、つけ置き洗いをしていたからかもしれない。

 

いざ妊娠すると、男の子と判明!

かつ、春生まれの長女と夏生まれのお腹の子・・・

ほとんどど使えないじゃーん!(笑)

でも、同時期に妊娠した友人が 我が家と逆の性別。

少しでも身軽なマタニティ時期に、互いのお下がりを譲り合いました。

 

自分が管理できる量を把握する

我が家の娘より、衣装持ちだった友人の子。

まだ生まれてもいないのに、収納ボックスは3箱!(笑)

一通り目を通し、サイズ別に保管していました。

 

この夏で3歳になる息子のお下がりは、1箱に!嬉しい!!

(右の紙袋は、息子サイズアウト服。保育園で着てくれている姿を見ると嬉しいものです)

 

おかげで、娘ほど洋服代使っていないんじゃないかな・・

友人とのお下がり交換はお互い様とはいえ、自分の管理できる量を保つことは大事だなぁとつくづく思いました。

 

冷蔵庫にたくさん食べ物があると「早く食べなきゃ」と焦る感じと似ている(笑)

 

思い出として残すと決めたもの

我が家は、70平米未満のマンションに4人暮らし。

子供も大きくなるにつれて、クローゼットもパンパンになるであろう・・が予想されます。

 

思い出として残したい衣類は、ソックスだけ!と決めました。

宮参りに履かせたソックス、へその緒、神社で頂いたベビースプーン。

当時、気まぐれで作成したTOLOTのミニアルバムと一緒に。

オムツ・お着換え入れとしてフル活用していた巾着は、プチプチスマンスのモノ。

 

現状は、2人分をまとめてひとつのBOXに。

ハロウィンやクリスマスに使う変身グッズは、いつか手放す時がくるのでその時に、1人1箱の予定。

いずれ、母子手帳も入れるかな。

 

MAX量を決めると残したいモノも決まってきます。

 

私は、目に入らないとことに収納すると忘れがち(笑)

申し訳程度の廊下の物入れに収納しています。

下部には掃除機、上部は取説・年賀状・紙袋などアンバランス収納(笑)

 

何のために保管するのかを明確にする

一枚一枚は、小さいな子供服。

当然、量が多くなると収納を圧迫します。

私も一時は、未婚の妹の為に!とわずかなベビー用品を残していた時期もありました。ただ、時間がたつにつれ本人が望んでいないかも?と思うようになり全て手放しました。

妹なら尚更、その時に買ってあげた方が嬉しいはず。

 

思い出服として保管?

二人目の為に保管?

お下がりの為に保管?

リサイクル? リメイク? 寄付?

 

それぞれ用途が違うと、保管方法も変わってきます。

現行サイズ服よりも、サイズアウト服の方が多いようであれば何のために保管するのか?を見直すのもいいかもしれませんね。

では、また。毎度おおきに~


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で でんきや@けいこをフォローしよう!