子供の片づけにイライラしたら!ラベルを使って見える化がベスト

寝違えたらしく右首筋が痛いでんきや@けいこです、こんにちは。

 

ちまたで噂の「うんこ漢字ドリル」。

「○○ちゃんが、学童でしてた!!ほしいほしい!!」と言い出した小1の娘。まだ、平仮名しか習っていないのに早すぎる!と内心思いつつも、ドリルを買う予定だったので我が家も買うことにしました。

ほら 案の定。読みに漢字書いちゃってるじゃん・・・(笑)

 

子供に習慣化させたい片づけ

あれを出して、これも出して、またまたこれも出して・・・気が付くと、モノでいっぱい。我が家の子供部屋事情(笑)

ただ、大人でさえ疲れている時や、無意識にモノを置いてしまうことはよくあります。

「片付けてね」というと動いてくれるようになったものの、まだまだ小学一年生。自ら動くなんて、なかなか・・・です。

 

でも子供が捉えている片づけって、

  • 床に置いてるものをテーブルの上に置く
  • 隙間につっこむ

こうゆうこと多くないですか?

 

母はイライラ・・・子供もイライラして、悪循環!!

子供自身に片づけてもらうなら、簡単・見える化がポイントです。

 

ゴールが見える収納

学習机の引き出し、一段目と二段目を開けて撮影しました。

鉛筆・消しゴム・はさみ どこに置くかを明確にしています。

奥には、同じようにラベルを貼ってのりやセロテープなども収納。新しい鉛筆も収納していたのですが、今は子供の手が届かない場所に変更しました。気が付いたら、何本も削っていたのです(笑) 楽しかったでしょうね~。

写真では、写っていませんが常時1本は置いてあります。自分で管理できるようになるまでもう少し母が管理することにしました。

 

ワンアクション収納

もともと入っていた、色鉛筆のケースは処分。筆箱に入れていたのですが「筆箱を開ける」というアクションが面倒らしい(笑)

使う度に、筆箱に収納されない色鉛筆が増えていくのでケースのみにしました。使う時は、ケースごと持ち出せるので本人も楽のようです。

 

少しの手間でぐんと楽に

ラベルをつけること自体に慣れていなければ、作成することが手間と感じるかもしれません。ラベルをつけることで、モノの住所の意識が高まり、モノの過多・過少の把握も容易になります。子供には、とても分かりやすいのでおススメです。

 

私はテプラでラベルをつけていますが、可愛いマステでもいいですね。

お洋服シールは、モチベーション上がりそう!

昨日、帰ったらこんな状態。娘は、公園遊びに行ってました・・・道のりはながーい(笑)

 

では、また。毎度おおきに~

 

Twitter で でんきや@けいこをフォローしよう!




ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ 大雑把なO型。大阪出身。 娘(小1)・息子(2014年生まれ)・夫 4人家族。 兵庫県神戸市でPanasonic専門店 街のでんきやを夫婦で営む。 「思考と空間の整理のプロ」ライフオーガナイザー®取得。